本文へスキップ
  ひろさきし さんぴない
青森県弘前市小比内三丁目18番地1
電話:0172-27-1001(代表)
FAX:0172-27-1023

学科の特徴と授業・活動の実際 ④

 障がいの擬似体験授業から始める →平成29度の様子はこちら

 障がいを持つ方の生活を理解することは、簡単ではありません。まず、1年生の最初の時点で、障がいの擬似体験を行います。言語聴覚障がいだけでなく、視覚障がい、肢体の障がいなどについても体験をします。
 言語障がいをお持ちの方が、他の障がいを合併していることが少なくないのも理由の一つです。しかし、一番の狙いは、学生が、障がいを持つということを、あらゆる視点から想像し、全ての障がいを持つ方のお役に立つという視点を持って欲しいからです。

視覚障がいの擬似体験で、アイマスクをしたまま自動販売機で飲み物を購入。


肢体の障がいの擬似体験でトイレ動作に苦労する学生。

戻る