本文へスキップ
  ひろさきし さんぴない
青森県弘前市小比内三丁目18番地1
電話:0172-27-1001(代表)
FAX:0172-27-1023

卒業生の声

 医療職の国家資格です。STと呼ばれます


平成27年度卒業  勤務地:青森県立中央病院
 私は現在、青森市にある青森県立中央病院に勤務しています。成人領域において患者様に、急性期からのリハビリを行っています。入院して間もない、全身状態が不安定な患者様を対象とすることが多く、リスク管理が非常に大切な現場です。
 就職したての頃は業務内容を頭に入れることで精一杯でしたが、最近では言語聴覚士としてのやりがいを感じながら働くことができています。失語症により全く言葉が話せなかった方が挨拶の言葉を言えるようになった瞬間や、飲み込み(嚥下)に障害のあった患者様が少しずつ食事を取れるようになる姿を見た時、特に仕事の魅力とやりがいを感じます。
 まだまだ知識や経験が浅いため悩むことが多いですが、4年間大学生活で学んできたことを思い出しながら勉学に励み、日々成長していきたいと考えています。これからも、患者様一人一人の気持ちに寄り添いながら、言語面・嚥下面に障害を抱えた方々の力になれるように頑張っていきたいと思います。


平成26年度卒業  勤務地:JA秋田厚生連 大曲厚生医療センター

 私は現在、成人領域について急性期からのリハビリを行っています。摂食・嚥下障害や失語症、高次脳機能障害、構音障害など、幅広い患者様を対象としています。言語聴覚士は高い専門性が求められますが、だからこそ大学で学んだことを存分に活かしながらどんどん新しい知識を吸収し、自分自身が成長できる魅力的な仕事だと思います。リハビリによって能力を改善していくことはもちろん、入院生活や障害に不安を抱える患者様、ご家族の心に寄り添うことも私たちの重要な役割です。
 専門家として、人としてまだまだ未熟で悩むことも多いですが、患者様の笑顔を見るとやる気が出てきます。これからも知識や技術、経験を重ねるとともに、より多くの患者様の笑顔を引き出せる言語聴覚士を目指していきます。